鍵交換は空き巣予防にもっとも効果的

鍵紛失時の対策と予防方法 鍵紛失時の対策と予防方法

空き巣被害に遭わない安全な住宅

大切な家財や家族を守る安全な住宅とはどのような住宅でしょうか。住宅や家族を空き巣被害から守るには、防犯性の高い鍵は欠かせません。いくつか種類があり、それぞれの特徴があるのでご紹介します。鍵交換の参考にしてみてはいかがでしょうか。

防犯性の高い鍵の種類

ディンプルシリンダー
鍵側面にでこぼことしたくぼみのある鍵を見たことがある人も多いのではないでしょうか。比較的最近の戸建てやマンションなどに多く使われており、従来の鍵よりも防犯性が高いのがディンプルシリンダーです。鍵の先は尖っておらず丸く、やや厚みのあるタイプが主流です。ディンプルシリンダーは、鍵のメーカーによって、質が良くないものもあるため、全国で有名な鍵メーカーの物を使用すると安心です。また、別名でディンプルキーとも言われています。
ロータリーディスクタンブラー
従来のディスクシリンダー錠と見た目がよく似ていますが、鍵の構造が全く違い、格段に防犯性が高いのがロータリーディスクタンブラーです。正しい鍵でなければタンブラーの切欠とロッキングバーが合致せず、鍵を開けることができない仕組みになっています。言い換えると、合鍵を作る際にも技術が必要で、正確に複製されたものでなければ、鍵が抜けなくなってしまうこともあります。現在の日本ではほぼ住宅用として製造されています。
マグネットタンブラーシリンダー
読んで字のごとく、磁石の反発しあう力を利用して、内筒を回転させる仕組みになった鍵をマグネットタンブラーシリンダーと言います。S極とN極がひとつでも合わなかったりずれていたりすると、回らないので非常に防犯性に優れています。防犯性の高さが人気で、住宅だけでなく、バイクのシャッターキーやスーツケース、コインロッカーなど広く活用されています。この形状の鍵は、普通のピックではまず開けることができないでしょう。
TOPボタン