鍵交換だけで満足しちゃダメ~念には念を入れよう~

鍵紛失時の対策と予防方法 鍵紛失時の対策と予防方法

さらに防犯性を高めるなら「ワンドアツーロック」

たくさんの鍵

さらに防犯性を高めて空き巣を未然に防ぐ方法があります。防犯機能の優れたものに鍵交換するだけでなく、鍵の数そのものを増やすという方法です。ピッキング犯は、作業に時間がかかることを非常に嫌がりますので、空き巣対策には開錠までに時間がかかるようにしておくことは大変有効です。

ワンドアツーロックとは?

ピッキング対策として非常に有効とされるのが、1つのドアに2つ以上の鍵を取り付けるというものです。この方法は、空き巣被害を未然に防ぐために警視庁も推奨しています。複数の鍵を取り付けることで、開錠し入室するまでに時間がかかるほか、空き巣犯に「入室までに時間がかかる防犯意識の高い家」として見た目にも訴えることができます。

ワンドアツーロックに関する素朴な疑問

どうしてワンドアツーロックにすると防犯性が高くなるんですか?
開錠に時間がかかると、近隣住人にその姿を目撃されてしまう可能性があり、空き巣犯は極力短時間で開錠できる家を狙います。時間がかかればかかるほど目撃者も増えるので、開錠までに10分以上かかる場合、空き巣犯はほとんどの場合諦めると言われています。1つ1つの鍵の防犯性を高めるとともに、数を増やすことは対策として大変おすすめです。
鍵紛失したときでもワンドアツーロックに鍵交換できますか?
鍵を紛失したことをきっかけに、ワンドアツーロックに鍵交換して、防犯性を高める工夫をする人もいます。しかし、鍵を紛失しやすいという人は、ワンドアツーロックだと鍵をたくさん持たなければならず抵抗がある人も多いでしょう。そのような場合には、メインの鍵は1本だけにして、補助錠を暗証番号にしてみてはいかがでしょうか。補助錠にもさまざまなタイプがあるのでチェックしてみることをおすすめします。

ワンドアツーロックにする場合鍵の種類で費用は異なる

ワンドアツーロックにする場合、どの鍵を取り付けるかで防犯性が異なります。空き巣犯が鍵なしで開錠するのに時間がかかるものほど、費用は高くなる傾向があります。また、材料費込の場合や材料費とは別に取り付け代が必要な場合もあります。鍵交換の専門業者に、あらかじめ予算を相談して、組み合わせの仕方を提案してもらうのも良いでしょう。

TOPボタン