鍵紛失時は鍵交換~万が一を考えたリスクヘッジ対策~

鍵紛失時の対策と予防方法 鍵紛失時の対策と予防方法

年末年始でも対応している鍵交換業者

鍵を持つ男性

一年の中でも特に、人と会う機会が多い年末年始は、普段とは違う時間の過ごし方をする人も多いものです。お酒が入る機会も多く、鍵を紛失してしまう人も増えるものです。そんなときのために年末年始でも営業している鍵交換業者をチェックしておくと便利です。

鍵トラブルを解決してもらった人の体験談

年末で遅い時間帯だけど対応してくれました(30代/男性)

年末や忘年会のあと家に帰って、さぁ寝ようと思ったら、鞄のどこを探しても鍵がなく、玄関先であたふたしていました。どうしても見当たらないので、鍵交換に対応してくれる業者さんに電話を入れたんです。年末の、しかも夜中だったにも関わらず対応してもらえて本当に助かりました。この事件をきっかけに、前よりも防犯機能に優れた鍵に交換しました。

職場のデスクの鍵交換もしてくれた(30代/女性)

会社のデスクはもういつの時代のものだろうというようなものなので、度々鍵が壊れます。引き出しが開かなくなったり、鍵が抜けなかったり、鍵が中で折れるなどトラブル続きでした。商談に使う資料が出せなくなったことも。鍵交換業者に問い合わせたら、デスクの鍵も交換できるとのことで、さっそくお願いしました。作業も短い時間で済み、今では快適に使っています。

車の鍵を紛失して困っていた(40代/男性)

コインパーキングに駐車中の車の鍵を失くしてしまったときは、本当に焦りました。急いで鍵のトラブルに対応してもらえる業者を探しました。夜だったのにもかかわらず、迅速に対応してもらえ、すぐに鍵を作ってもらえました。このまま動かせなかったらどうしようと絶望していたので、ありがたかったです。その後、会社で鍵は無事に見つかりました。

どんな鍵でもすぐに交換できる

鍵のトラブルというと、住宅の鍵を想像する人が多いかもしれません。鍵交換業者で扱っているのは住宅だけでなく、車や事務用品、金庫などあらゆる鍵を取り扱っています。鍵が壊れた場合だけでなく、鍵交換や合鍵の作製までサービス内容も多岐にわたります。年末年始や深夜も営業している業者も多いので、万が一の際は諦める前に、まずは問い合わせてみましょう。

合鍵を保管してても鍵交換は必須

空き巣被害を防ぐために

紛失した鍵を空き巣に拾われるリスクもある
鍵を紛失した際に、合鍵があるから大丈夫だと思っている方が多いでしょう。鍵を紛失したそのとき、落とし主の顔を窃盗犯にみられていた場合、その落とした鍵を使って空き巣に入られるケースがあります。空き巣を行なう窃盗犯は、常にそのタイミングを狙っているものです。合鍵がある場合でも、鍵を紛失してしまった場合には、鍵交換することをおすすめします。また当たり前ですが、鍵紛失を未然に防ぐための対策を行なっておく、ということも忘れてはいけません。
一般住宅の鍵は簡単にピッキングできる
一般に、ディスクシリンダー錠と呼ばれる、昔からある挿し込み式の鍵は過去に爆発的に普及したせいもあり、ピッキング犯からすると、おもちゃのような扱いで、簡単に住居に侵入されてしまう可能性があります。そのため、防犯性が大変低いものです。もし、こういった鍵を使用しているのなら、紛失をきっかけに防犯性の高い鍵に交換した方が良いと言えるでしょう。
TOPボタン